本文へスキップ

浄土宗 照福山 顕光院 圓應寺 - 福岡 (円応寺・えんのうじ)

TEL. 092-761-1454

〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-1-7

厄払い祈願Exorcism

トップ法要のご案内祈願・厄除 厄払い祈願

厄払い祈願

画像なし

人生は数々の節目があり、いいことばかりでも、よくないことばかりでもありません。御祈願は、よくない運気の流れを変え、善い運気を導くです。
さまざまな災いからお守りいただきますよう「大難は小難に小難は無難に治め」
無病息災 福慧増長 除厄無事 業障滅尽 息災消除 哀愍護念いたします。どうぞ厄除け祈願をお受けします。気がかりなことなどがあり、 ご不安な方などいらっしゃいましたらお気軽にご連絡ご相談ください。場合により、浄焚もいたします。

「浄焚」

御札や御守り、簡単には捨てられない手紙、人形、写真などの供養浄焚も承っております。事前の申込み・持込みも承ります。

「厄年」

古来より人生の節目を「厄年」として忌み慎む習わしがあります。
厄祓いは神社でおこなうイメージが定着していますが、お寺でも「厄除け」をおこなっています。「厄年」を迎えるころは、 ちょうど精神的・身体的・社会的に転換期を迎える時期と重なり、さまざまな面で変化の多い年回りとされています。いわゆる「節目」ですので、 むしろハレとして捉え、厄除け祈願をとり行います。特に、喪中で神社へ行けない厄年の方からのお問い合わせが多いようです。
数え年で、男性は25歳・42歳・61歳、女性は33歳・37歳・61歳が「大厄」となり、この大厄の前後の年齢が「前厄」・「後厄」となります。

2017年の男性の厄年

数え年で25歳、42歳、61歳が本厄で、その前後1年ずつが前厄と後厄です。

「25歳」最初の厄年

前厄 1994年(平成6年)生まれ 24歳(いぬ年)
本厄 1993年(平成5年)生まれ 25歳(とり年)
後厄 1992年(平成4年)生まれ 26歳(さる年)

「42歳」男の本厄

前厄 1977年(昭和52年)生まれ 41歳(へび年)
大厄 1976年(昭和51年)生まれ 42歳(たつ年)
後厄 1975年(昭和50年)生まれ 43歳(うさぎ年)

「61歳」の小厄

前厄 1958年(昭和33年)生まれ 60歳(いぬ年)
本厄 1957年(昭和32年)生まれ 61歳(とり年)
後厄 1956年(昭和31年)生まれ 62歳(さる年)

2017年の女性の厄年

数え年で19歳、33歳、37歳、61歳が本厄で、その前後1年ずつが前厄と後厄です。

「19歳」最初の厄年

前厄 2000年(平成12年)生まれ 19歳(うさぎ年)
本厄 1999年(平成11年)生まれ 25歳(とり年)
後厄 1998年(平成10年)生まれ 20歳(とら年)

「33歳」は大厄

前厄 1986年(昭和61年)生まれ 32歳(とら年)
大厄 1985年(昭和60年)生まれ 33歳(うし年)
後厄 1984年(昭和59年)生まれ 34歳(ねずみ年)

「37歳」は小厄

前厄 1982年(昭和57年)生まれ 36歳(いぬ年)
本厄 1981年(昭和56年)生まれ 37歳(とり年)
後厄 1980年(昭和55年)生まれ 38歳(さる年)

「61歳」は最後の厄年

前厄 1958年(昭和33年)生まれ 60歳(いぬ年)
本厄 1957年(昭和32年)生まれ 61歳(とり年)
後厄 1956年(昭和31年)生まれ 62歳(さる年)

バナースペース